シュガーリングとは?

足をシュガーリングで脱毛している写真

【目次】


シュガーリングとは?

お砂糖・水・レモンの自然素材で作ったシュガーペーストを体温や室温、湿度を考慮しつつ適切な硬さにして肌に塗布し、ハンドによる施術で毛に絡めて毛根から抜く脱毛方法です。

砂糖、レモン、水が並んでいる写真

毛を抜くだけでなく、角質の除去も同時にできるので施術後はお肌がスベスベになります。

最近TikTokなどの動画サイトで見かけて、新しい脱毛方法と思っている人も多いのではないでしょうか?
発祥はなんと4000年ほど昔の古代エジプトと言われていて、とても古い歴史を持ちます。
宗教観や当時の女性たちの美意識からシュガーリングによる脱毛はポピュラーだったそうです。

近年はオーガニックブームの影響もあり、レーザー脱毛や光脱毛など機械を使用した脱毛に不安を感じる人達の脱毛方法として大きな注目を集めています。

素材が自然由来なので、お肌にも地球にもとても優しい脱毛方法ですよね!
ただし、永久脱毛ではないのでしばらくするとまた毛は生えてきてしまうので、定期的なお手入れが必要になります。

また、男性のヒゲのような毛が硬く・濃い部分では毛が上手く絡まず脱毛出来ない場合もあります。

シュガーリングは何日で生えてくる?

最近注目を集めているシュガーリングですが、施術後はどれくらいの期間スベスベでいられるのでしょうか?

個人差はありますが、毛根からすっぽり毛を抜くので、1週間〜10日ほどはスベスベが続きます。
カミソリで剃るとチクチクしたり、次に生えてくる毛が太くなったと感じることがあると思います。
シュガーリングの場合は、毛根から毛を抜くので次に生えて来る毛の毛先が細いのでカミソリで剃った時のような心配はありません。

シュガーリング後のスベスベなお肌を長持ちさせる方法としては、埋もれ毛などを防止する為にも、しっかりと保湿を行うことが重要です。

脱毛直後の2〜3日はさっぱりとした化粧水やジェルでの保湿を行ってください。
施術直後は毛穴が開いているのでオイルやクリームなどの油分が多い物は避けてください。毛穴が開いた状態で油分の多い物で保湿してしまうとニキビの原因になります。

ANGELICAオールインワンジェル購入ボタン

しっかりと保湿を行うことで肌の角質化を防ぎ、黒ずみ進行の予防にもなりますので、脱毛後のお肌は適切にケアをしてあげてくださいね。

シュガーリング、毛の長さはどれくらい必要?

シュガーリングは比較的毛の長さが短い状態でも行うことが可能ですが、最低でも5mm程度は必要です。部位がどこの場合であっても同様の長さは必要になります。
毛が短すぎる場合は、シュガーペーストに上手く毛を絡めることができず、満足の行く結果が得られなくなってしまいます。

カミソリなどで自己処理をしてしまった場合は、2週間〜4週間間を開けてからシュガーリングを行うことをおすすめしています。

光脱毛のように施術前の自己処理は不要ですので、カミソリで肌を痛めてしまったり思わぬ怪我をしてしまう心配はありません。

シュガーリングでVIO脱毛は出来る?

シュガーリングでのVIO脱毛も可能ですが、毛質や毛量によっては難しい場合も多く、ブラジリアンワックスと比較した場合、どうしてもVIOの脱毛はブラジリアンワックスに軍配があがります。

シュガーリングはどちらかと言えば軟らかい毛や細い毛に向いている脱毛方法です。
VIOや男性のヒゲは濃く、硬い毛が密集している場所なので、シュガーリングでは思ったような結果が得られない場合もあります。

ANGELICAのVIO脱毛で使用しているワックスもお砂糖・蜂蜜・レモンだけで作られているので、デリケートな部位にも安心して使用できます。
万が一体内に入ってしまったとしても、全て食べられる物であれば安心ですね。

VIOを脱毛することで、見た目を整えることはもちろん。清潔感を保つことができます。
排泄物やおりもの、月経が毛に付着することがニオイやムレの大きな原因となります。

やわらかい毛の部位はシュガーリング、ひげやVIOのような硬い毛の部位はワックス脱毛など、使い分けてみるのもいいと思いますよ。
デリケートゾーンを清潔にして快適に過ごしましょう!

ANGELICAワックス購入ボタン

ブラジリアンワックスとの違いは?

ANGELICAで使用しているワックスもシュガーリングと同じように、お砂糖・レモン・蜂蜜の自然由来の成分で出来ています。
シュガーリングのメリットと同様の効果がANGELICAのワックスでも得ることができます。

他サロンによっては、ワックスはミツロウ・松ヤニが主成分の油溶性を使用しているところもあります。

シュガーリングとワックス脱毛の大きな違い

シュガーリング
シュガーペーストのみを使用した脱毛方法

ワックス脱毛
ワックスの他にストリップス(ワックスを剥がすシート)やスパチュラ(ワックスを塗る棒)を使用する脱毛方法

サロンでワックス脱毛の施術を行って貰う場合には、道具を揃える必要はありません。
部位によってはシュガーリングよりワックス脱毛の方が効果的な場合があります。

「サロンで施術をしたいけど、この部位はシュガーリング・ワックスどちらがいいのかな?」
そんなお悩みなどがあれば、お気軽にサロンにご相談ください。

お問い合わせはこちら

シュガーリング脱毛はセルフで出来る?

外出が難しい時期に、自宅でシュガーリングができたらいいですよね。
通販サイトなどでシュガーペーストを購入することもできますが、なんと自作することも可能なんです!

シュガーペーストの作り方

材料はお砂糖・水・レモン果汁の3つだけ!

1.お砂糖 200g 水50ml レモン50ml こちらをお鍋で煮詰めます。
煮詰めている間はひたすらかき混ぜましょう。かき混ぜていないとお鍋に焦げ付いてしまいます。

2.泡が出てくるまで完全に沸騰させます。

3.黄金色になるまでかき混ぜて、火を止めます。

※作ってすぐは高温になっているので、人肌に冷めてから使いましょう

シュガーリングのセルフ脱毛方法

シュガーリングで脚の毛を脱毛している写真

シュガーリングでの脱毛方法ですが、慣れるまでセルフではなかなか難しいことを覚悟してはじめてみてください。

1.脱毛する部位にベビーパウダーなどを塗布します
体の余分な水分を取り、ペーストが毛に絡まりやすくする為です。

2.シュガーリングを脱毛したい部位に塗布します
硬さは水あめくらいが理想です。硬すぎでは肌に塗布できませんし、軟らかいと肌に密着せず、上手く脱毛できません。室温、体温なども考慮してペーストの温度を変えてみてください。
また、毛流れとは逆の方向からペーストを塗ることも重要です。

3.塗ったペーストを素早く剥がしていきます
剥がす向きは毛流れに沿って行ってください。

汗をかきやすい人はペーストをはじいてしまい、上手く脱毛出来ないこともあるので、ご自身の体調や体質と相談して行ってください。

シュガーリングのペーストは服などについてしまっても、ぬるま湯で簡単に落とすことができるので、その辺りはご自宅でも挑戦し易いところになります。

まとめ

シュガーリングのメリット

・自然由来の成分で安全
・お肌の弱い方でも使用できる
・脱毛と同時に角質除去もできる
・施術後すぐにスベスベのお肌になる
・1週間~10日スベスベが続く

シュガーリングのデメリット

・毛根から毛を抜くので痛みを伴う
・永久脱毛ではない
・出来る施術者が少ない
・セルフで行うには慣れやコツが必要
・男性のヒゲなどシュガーリングに不向きの部位がある

シュガーリングのメリットデメリットをしっかり理解して、ご自身に合う脱毛方法を行ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る